Mimi's life ~フランス人彼氏との愉快なOL日記~

趣味の化粧品分析やフランス人彼氏との日常、その他好きなことを綴る雑記ブログです

【徹底分析】BWチャリタダ カプサリッププランパー〈ピュアレッド〉【キャンメイクと比べてみた】

スポンサーリンク

こんにちは♡

今日は私が最近購入したコスメのレビューです。

ズボラ女子なので在宅ワークの日は基本的にすっぴんなのですが、唇の元の色がかなり可愛くない+中々皮がむけない(=荒れない)リップに出会えないという二重苦リップの持ち主なので、お手軽に美容成分を取り入れてケアしつつ、色味をトーンアップできるものは無いかな~と探していました。

そんな時マツキヨにトイレットペーパーを買いに行った時に、かなり下の方でこちらを発見しました!

BWチャリタダ カプサリッププランパー〈ピュアレッド〉

¥1500とボリュームの割に価格もかなりお手頃!

縦ジワを無くすプランパー効果があると書いてあったので、Diorのマキシマイザーみたいな感じで使えるかな?と思い購入してみました。

それでは早速成分を見てみましょう♥

水添ポリイソブテンエモリエント剤
リンゴ酸ジイソステアリルエモリエント剤
テトライソステアリン酸ペンタエリスリチルエモリエント剤
ミネラルオイルエモリエント剤
トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルエモリエント剤
スペアミント収れん剤
メントール収れん剤
トウガラシ果実エキスプランプアップ剤
ヒアルロン酸Na保湿剤
加水分解ヒアルロン酸保湿剤
アセチルヒアルロン酸Na保湿剤
酢酸トコフェノール酸化防止剤
トコフェノール酸化防止剤
パニリルブチル香料、温感作用剤
水添レシチン乳化剤
コーン油エモリエント剤
ナイアシンアミド皮膚コンディショニング剤
N-ヒドロキシコハク酸イミド*ハリの付与
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル酸化防止剤
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa皮膚保護剤
メチルヘスペリシン皮膚コンディショニング剤
トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン保湿剤
パルミチン酸レチノール皮膚コンディショニング剤
パルミトイルトリペプチドー1*ハリの付与
グリシン*ハリの付与
パルミトイルテトラペプチド-7*ハリの付与
シアノコパラミン着色剤
コレカルシフェロール皮膚コンディショニング剤
ステアレスー20*ハリの付与
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリルエモリエント剤
メントキシプロパンジオール香味剤
*ハリの付与
グリセリン*ハリの付与
エタノール収れん剤
BG防腐剤
226 着色剤

リップグロスの製品はいろんな油剤を組み合わせて作ります。もちろん一つ一つの原料に特徴(色素がよく分散する、使い午後地がさらっとしている…など)はあるのですが、上記にエモリエント剤と書いてあるものは、リップグロスのとろっとしたオイル部分を作り出している部分になり、皮膚に浸透して何か効果をもたらすものではないので、好みの使い心地などの参考にする程度で良いかと思います。

特徴的な成分としてはまずやはりトウガラシ果実エキスですね。リップグロスにしては高配合な方かと思います。ご存じの通り、トウガラシのエキスには激辛料理を食べた時の様に唇をピリピリさせて、血行を促進させる効果があります。最近のプランプアップ効果のあるリップには殆どと言っても良いほど配合されているのではないでしょうか。

~個人的な意見~

この製品はMADE IN JAPANですが、韓国コスメ風に仕上がっていて、今どきの女の子の興味を惹きそうですね。韓国風というコンセプトのせいなのか、トウガラシ果実エキスは結構多めに配合されているのか、使った時にかなり唇がHOT🔥になります。 パニリルブチル(温かさを感じさせる成分)とも相まって効果は抜群です!好きな人は好き! (私はどちらでもない!)(なんやねん)

 

次に製品の説明にもあるようにヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸アセチルヒアルロン酸Naの3種類のヒアルロン酸が贅沢に配合されている点にも注目です。

~個人的な意見~

ヒアルロン酸の効果については以前も書きましたが、表面だけをカバーしてくれる油剤成分と違って、中までしっかりと潤いを感じることができます。たまに、ただベタついているだけで唇を保護するリップとかあるじゃないですか← ああいうのとは違って、唇の内側はしっかりと水っぽさ(言い方w)を感じられます。 mimicosme.hatenadiary.jp

ヒアルロン酸の違いについてはこちらをご参照ください

 

そしてスペアミントメントールメントキシプロパンジオールという、いわゆる「スーッとした使い心地」を与えてくれる成分も配合されています。

~個人的な意見~ けれど温感作用が勝っていて、スーっとする効果は原料の配合量の割に感じづらいかも…。

 

また酸化防止剤トコフェノールが配合されている分、Diorマキシマイザーよりは唇荒れの可能性が少し下がりそうです。(マキシマイザーは BHTという酸化防止剤を使っていますが、こちらは一部で変異原性が認められていたり、皮膚への刺激性もゼロではありませんので…)

その他に抗シワ効果が期待できるパルミチン酸レチノール、血行を促進する効果のあるビタミンB群の一種であるナイアシンアミド、目元のハリを保つために作られた原料( *ハリの付与 としてまとめてあります、もちろん唇にも効果が期待できます)などが配合されています。

エタノールを使用しているのでアルコールに苦手意識のある方は気を付けたいですが、それ以外に特に安全性が気になる成分は無いのではないかと思います。

の縦ジワもスっと消えて、潤いも感じられるので、プルプルな唇になる点はとっても満足しているのですが…

 

 

 

色が薄い!!

クリアとピュアレッドがあったので、インスタグラマーが載せているような感じ(真っ赤ではない事は分かるけど健康そうなピンク)を期待してピュアレッドを購入したのですが…。

 

 

本当にすっぴん、顔の産毛もありまくりですみませんが、これが現実です

 

 

いやピュアレッドとは…?

KATEのCCリップとかぐらい色づきがあるかな?と思っていたので、この点はめちゃくちゃがっかりです…。藤木君カラーから抜け出せず。

 

#### あいつと比べてみよう

こうなればプチプラDiorマキシマイザーの代わり対決として、こいつとぶつけましょう。

ぅ赤コーナー、キャンメイクボリュームアップレディグロス~~~~~!!

これはもうマキシマイザーのジェネリックコスメとしてかなり有名ですよね。

マキシマイザーが数千円するのに対し、こちらはなんと700円程度…!しかも割ともつんです!(笑)

チャリタダ カプサリッププランパー と比べてみると、黄色い部分の成分が同じです。

私の使ってみた感想ですが、キャンメイクの方が少し荒れやすいかな?と思います。

理由としては

  • SPF機能があるため、紫外線吸収剤(水色の成分)が入っている
  • ラメの成分(イカなど)が入っている
  • 防腐剤(フェノキシエタノールメチルパラペン)

が挙げられます。(あくまで私の唇には合わない、ということなのでご参考までに!)

一方で、キャンメイクの方にはコラーゲンが入っていたり、オリーブ果実油ホホバ種子油が入っていたりと、よりこっくりとした使い心地でプルプルの唇を作ることができます。

また温感作用のある成分がトウガラシ果実エキスのみなので、カプサリッププランパーよりはスっとした使い心地で使えると思います。

私の唇には合いませんでしたが、家にいても紫外線のダメージを受けるこの時期は、SPF機能がついているのは普通に嬉しいポイントですよね♪

まとめると…

カプサリッププランパーは温感が好き!唇が荒れやすい!内部から感じられる潤いが欲しい!ラメ感が欲しくない!人におすすめ

ボリュームアップレディグロスSPF効果が欲しい!ラメ感も欲しい!スーッとした使い心地が好き!外から唇を保護して欲しい!

こんな方にそれぞれオススメです♡

一方私と同じ藤木君族にはどちらもオススメできませんので、ベストリップを求めてまだまだ旅を続けましょう……。チーン

少し気になった方はぜひ通販でお買い求めください^^

家にいると何かとネット通販に走りがちですが、私が購入する時は必ずポイントサイトを経由するように心がけています。1%の還元でもちりつもです♡

自粛中の今こそ、せっせとポイ活のチャンスだと思いますので、一緒に頑張りましょうね!

まだポイントサイトに登録されていない方はこの機会に私も使っているポイントタウンを使って見てください!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

還元率が他のサイトよりも良いんじゃないかと思います^^詳しくは↑より。

ではまた。

 

 

←いつもありがとうございます♡
国際恋愛・結婚ランキング