Mimi's life ~フランス人彼氏との愉快なOL日記~

趣味の化粧品分析やフランス人彼氏との日常、その他好きなことを綴る雑記ブログです

【見た後大好きな人にハグしたくなる♥】おすすめの感動ラブストーリー映画7選【邦画洋画問わず】

スポンサーリンク

こんにちは♡今日はおうち時間を過ごす皆様のためになればと思い、私的に感動した泣けるラブストーリー映画を7本、紹介したいと思います!

私は映画を見るのは好きですが、ネガティブで抑揚のない映画の良さはあんまりわからない…というかなりライトなムービーウォッチャーなので、あまり深い内容のものは入っていません。笑

途中でボロボロ泣いて、見終わった後に大好きなあの人をぎゅっと抱きしめたくなる…そんな気分になれること間違いなし!有名作品ばかりですが、暇つぶしにご覧ください♡

 

①The Notebook (放題:君に読む物語) 2004年公開


きみに読む物語(予告編)

こちらは学生時代に友達とGEO(まだnetflixとかAmazon Primeがそこまで普及していなかったのでDVDをレンタルしていた時代ですね)で借りて、夜中にオエオエ泣きながら見ました。

良いとこのお嬢さんのアリー(レイチェル・マクアダムス)と素朴な青年のノア(ライアン・ゴズリング)が若さゆえに立場が違うのに恋に落ちてしまい、そのあと家族の反対とか色々なことを乗り越えてゆき…結ばれたはずの君に…あの時の思い出を…アアアーーー!!これ以上はネタバレになるので言えません。。。が、二人の若さゆえに周りが見えないぐらいまっすぐに恋に落ちる感じとかが見ていてとってもキュンと来ますし、紆余曲折を得てアリーがノアのもとに帰ってくるシーン(来ちゃったワみたいな感じで肩をすくめるんです…♡)が可愛くてしょうがない…。お互い年を重ねて、そんなこともあったねなんて感じで微笑み合うのも良いですが、こんな感じの懸命な愛には心を打たれます。

40年代のアメリカの感じもレトロでとってもかわいいですし、この作品を見ればレイチェル・マクアダムスのトリコになること間違いなしです!

(以降の人生では、レイチェル・マクアダムスが泣けば自分も泣くシステムに変わります。)

 

②Me before you (放題:世界一キライなあなたに) 2016年公開


映画『世界一キライなあなたに』予告篇【HD】2016年10月1日公開

こちらは比較的新しい感動系ラブストーリー。

主人公のルー(エミリア・クラーク)はとっても前向きでコケティッシュな女の子で、失業をきっかけに介護の仕事をはじめ、そこで自分の自由が利かない体に人生を終わらせる決意をしたウィル(サム・クラフリン)と出会います。ウィルの決意を知ったルーは人生の楽しみを共有することで希望を取り戻してもらおうと奮闘しますが…。

美しい自然豊かなイギリスの街を舞台に繰り広げられるラブストーリーですが、生きるということや、愛する人の幸せを願うことに関してかなり考えさせられます。 自分が支えるから何でもいいから生きて欲しいと願うルーと、大好きな人を見ても抱きしめられない人生なら無い方を選ぶというウィル、私がどっちの立場でもそうなっちゃうワアアアアアア~~~~と大号泣しながら見ました。

見終わった後かなり情緒不安定になるので、ぜひ自分の大切な人と一緒に見て下さい。

 

今夜、ロマンス劇場で 2018年公開


映画『今夜、ロマンス劇場で』予告編【HD】2018年2月10日(土)公開

私ね、坂口健太郎の顔が大好きなんですよ…いわゆる塩顔イケメンに弱く、大学時代はK-POPスターにハマりすぎて、白馬に乗ったオッパ♥をずっと待っていました。その中でも坂口健太郎は塩顔でスタイリッシュな存在なのになぜか色気もあるという類稀なる存在でして、そんな坂口健太郎が今を時めく国民的人気女優のお相手をするのであれば…ということで見た作品です。前置きが長くなりました。失礼しました。

こちらの作品はファンタジーラブストーリーという感じで画面から出てきたお姫様・美雪(綾瀬はるか)と映画監督を夢見る牧野健司(坂口健太郎)が恋に落ちちゃった、みたいなあらすじなのですが、綾瀬はるかの気高い存在感で全然安っぽくなっていません。現実ではありえない設定ではあるのですが、好きな人に触れたいのに触れたらこの世から消えてしまう…相手の幸せ、自分の今の幸せを思うと距離を取らなきゃいけない…というハリネズミのジレンマ的な胸の痛さがあります。また予告とかでは 健司が一方的に好き好きという感じですが、実は美雪もずっと相手を知っていて、ラストシーンで健司に「見つけてくれてありがとう」と言うシーンは涙なしには見られません。

色を知ってからの美雪のカラフルでレトロなファッションもぜひ注目して見てください♡

 

④トワイライト~ささらさや~ 2014年公開


映画『トワイライト ささらさや』本予告【HD】2014年11月8日公開

坂口健太郎も好きなのですが、大泉洋も好きなんです。

大泉洋が出ているからってギャグコメディかと思わないでください。めちゃめちゃ泣けます。

物語は売れない落語家であるユウタロウ(大泉洋)が結婚して子供が生まれたばかりのサヤ(みんな大好きガッキーこと新垣結衣)を残して突然交通事故で死亡してしまうシーンから始まります。ついてないサヤのことが心配になりすぎてちょこちょこ人の体に乗り移れるようになってしまったユウタロウが、見知らぬ地で息子のために奮闘するサヤを見守り、幸せを願いながらも、自分の人生を振り返ってはもう二度と会えない人たちへの思いを馳せていく…というストーリーです。

サヤが新生活を始める地での人の温かさや、いろんな人に乗り移っては自分の思いをサヤに伝えたり、幸せな時間を過ごすシーンでは胸がジーンとなります。

もう一度言いますが、 大泉洋が出ているからってギャグコメディかと思わないでください (わかったよ)

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする 2016年公開


福士蒼汰が号泣!『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』予告映像

こちらは人気小説を映画化した作品です。現実ではありえない設定ですが、頭を使って見るとぼくは明日、昨日のきみとデートするのタイトルを聞いただけで泣いてしまいそうなぐらいアアアアって感じです(語彙力)

あまり言うとネタバレになるのであれですが、二人が恋して過ごせるのはたった30日なんですよ、それでもその30日の恋をするためだけにお互いが人生の長い時間を費やしてかなり頑張るんです。そして一方がこの思い出、この恋を守るために必死に頑張っているとき、相手はそれを知らない…というのも泣けます。基本的に福士蒼汰演じる男目線で物語は進んでいくので、最後の方に最初の方の行動の意味が分かってくるとアアアアってなります(だから語彙力)

Back numberが歌う主題歌『ハッピーエンド』も映画の世界を最高に盛り上げてくれています。

(映画は東出昌大が出演していまして、ハッピーエンドのMVの主演は唐田えりかなのは何の意味もないです。)

 

⑥내 머리 속의 지우개 (放題:私の頭の中の消しゴム) 2004年公開


私の頭の中の消しゴム(字幕版) - Trailer

泣ける映画と言えば、の代名詞みたいな映画ですよね。

韓国映画は暴力のシーンがガチだったり、「え?なんでそうなった?」ってなるシーンが多かったりと、映画の深みを理解できない私にはかなりハードルが高いのですが、この映画は一言でいえば「純愛」。誰が見ても感動すると思います。

アルツハイマーで身の回りの記憶を失っていく主人公と、その主人公を思う男性の一途な愛に心を打たれます。

まず韓国映画で泣きたい方にはオススメです。

個人的に韓国映画は家族愛の方が心打たれます。「七番房の奇跡」「国際市場」などはワンワン泣いてみました。

 

⑦The Time Traveler's Wife (放題:きみがぼくを見つけた日) 2009年公開


きみがぼくを見つけた日(字幕版) (予告編)

レイチェル・マクアダムスと言えば「アバウトタイム」の方が有名かな?と思いますが、こちらの作品もかなり泣けます。

自在に操ることができないタイプのタイムトラベル能力がある運命の相手ヘンリー(エリック・バナ)との愛を守ろうとするクレア(レイチェル・マクアダムス)の健気さに胸が熱くなります。

いつ帰って来られるかわからない自分(強いて言うならいつ居なくなってしまうかは自分で分かっている自分)を待つのではなく、自分の人生を送ってほしいと強く願うヘンリーが最後の方にクレアに言う「待つだけの人生は送らないで」の時の優しい顔を見ると大切な人に会いたくなります。

  

以上が私のおすすめする泣ける恋愛映画でした♥

おうち時間が長い今、ぜひ大切な人を思い浮かべながらゆっくりと見てみてください。

紹介した作品はほとんどU-NEXTで見ることができます。

私はAmazon Primeを使っていますが、オリジナル番組などにあまり興味のない方はU-NEXTの方が動画の種類が豊富でオススメできます!(31日感無料なので外出自粛中の今集中して使い倒しましょうwwww)

 

ではまた。

 

 

←いつもありがとうございます♡
国際恋愛・結婚ランキング